カテゴリーアーカイブ 販売

著者:

ネットでハンドメイド作品を販売しよう!おすすめサイト・アプリ3選

ハンドメイドを売るならネットショップを開きましょう!フリマの延長戦で気軽に利用できるサイトから、おしゃれで本格的なハンドメイド専門サイトまで、あなたの作品にあったものを選ぶだけで売上アップが期待できます。

  • ハンドメイド販売をしたいけどどのサイトを使うべきかわからない
  • 今使っているアプリではあまり売れない
    こんな悩みを抱えている人は使うサイトを間違えているのかも?

    利用者数No.1「メルカリ」

    圧倒的な利用者と知名度を誇るメルカリは、中古品だけでなくハンドメイド品の販売にも向いています。実際にアプリを開くと「ハンドメイド」というカテゴリーがあり、出品しやすく見つけやすい環境も整っています。
    同じような系統の他のフリマサイトと比較すると、同じ商品を出品しても10倍以上売上に差が出ることも。手数料も10%と一般的なラインなので、どれか1つのサイトに絞って利用するならメルカリがおすすめです。

    ハンドメイド販売サイト最大手「minne」

    ハンドメイドに絞ってショップを開くなら専門サイトに登録するのが◎。特にminneはハンドメイド販売サイトの中では最大手で、30万名以上のクリエイターが登録しています。
    リーズナブルというよりはクオリティが高く価格がそれなりのものが多く販売されている印象で、写真の撮り方も美しくとにかくおしゃれなサイト。手数料は10%といたって普通ですが、「1点もの」や「個性」にこだわってクオリティの高いものを出品したい人にはおすすめです。

    海外向けの販売におすすめ「Creema」

    minneより多少規模は小さいですが、海外に向けて販売・購入することができるというのがCreemaの強み。自動翻訳機能やサポート体制によってスムーズに売買できます。
    海外向け販売の場合は、誰でも可能なわけではなく審査があるようですが、日本にとどまらず海外に展開できるのは非常に魅力的ですね。利用者の中にはminneと併用しているというクリエイターも少なくありません。

  • 著者:

    ハンドメイドで売れるものは?あなたの作品が売れないのは〇〇だからかも!?

    「これは絶対売れる」と自信を持って作ったのになかなか売れないという人、たくさんいると思います。あなたの作品はなぜ売れないのか、売れる作品にするためにはどうしたら良いのか、しっかり自己分析できていますか?

    普通の値段で「よくある可愛さ」なら買わない

    よくある可愛さというと曖昧ですが、イメージとしてはファッションビルのアクセサリーなど売り場に置いてあるようなアイテムのことです。「よくある」「一般的な」可愛さですよね。
    この一般的なレベルの可愛い作品ははっきり言ってどこでも買えるので、わざわざネットで買うほどのものではないもの。ましてやリピーター獲得はあまり期待できません。安くなければ需要はないので、ハンドメイドで生きていくのは難しいでしょう。

    売れる作品その1:個性を極めてターゲットを絞っている

    大衆に受けるものが必ずしもヒットするとは限りません。一部のコアなニーズに応えるアイテムで成功を収めるという手もあります。
    例えば「猫好きの女性」にターゲットを絞って猫アイテムを作るなどです。ターゲットを絞るかわりに、ニーズを的確に捉えたクオリティの高いオリジナルアイテムを作るように心がけましょう。

    売れる作品その2:「可愛い+〇〇」でお得感がある

    ただ可愛いだけでなく、プラスの要素を追加すると注目度は一気に高まります。100均などのヒットアイテムは、可愛いだけでなく痒い所に手が届くようなちょっと便利なものが多いですよね。
    ハンドメイド作家の作品ではありませんが、着せ替えバッグや着せ替えシューズなども流行っており幅広い場面で活躍させることができます。あなたのハンドメイドもただ可愛いだけでなく、もう一工夫要素を加えて差別化を図ってみてはどうでしょうか。

    著者:

    ハンドメイド業界は一筋縄じゃいかない!?収入アップのための4つのコツ

    ハンドメイド作品の販売を始めると色々な悩みを抱えると思います。

    • 売れるアイテムが作れない
    • コンスタントに売れているけど利益が少ない

    など状況は様々ですが、一言で言えば「もっと利益を出したい」ということではないでしょうか?そんな時には以下の4つを順番に見直してみましょう。

    ターゲットやこだわりを明確に決める

    「全ての人が気に入る作品を作らないといけない」と思ってありがちな作品を作っていませんか?大衆ウケするアイテムは売れるようで実は売れにくいもの。買ってもらいたいターゲットを明確に決めてそのターゲット層が満足するようなアイテムを作るようにしましょう。
    ターゲットも「♯20代女子」などざっくりした内容ではなく「♯20代女子♯結婚式♯ボブ用ヘアアイテム」などできるだけ詳細にそのハンドメイド作品が使われる場面をイメージして作るのがおすすめです。

    写真の背景はシンプル&自然光が◎

    同じアイテムでも写真の撮り方によって良くも悪くも写ります。写真はアイテムの良さを最大限引き出せるような構図&撮り方を心がけましょう。具体的には背景は飾りすぎずシンプルがおすすめ。おしゃれな写真を意識しすぎて飾りすぎるのは作品の魅力が引き立たなくなります。
    また、ライトは自然光が◎です。蛍光灯はライトの色が作品に影響してしまうので写真と実際の作品の色イメージに差がついてしまう恐れがあります。晴れた日の日中、自然光のもと撮影しましょう。

    梱包や配送の丁寧さも重要

    ハンドメイド作家にとってレビューや口コミは非常に重要。梱包の丁寧さや配送にしっかり配慮が行き届いているかも評価のポイントとなるので気をつけましょう。
    ピアスなど揺れや振動で破損の恐れがあるものはプチプチに包むのは当たり前ですが、袋ではなくきちんと箱に入れているだけでも印象はかなり良くなります。さらに水濡れ対策がきちんとされていればなお良し。リピーターを増やすためにも梱包や配送はこだわるべきところです。

    「本気で稼ぐ」なら価格を上げる

    趣味程度であれば価格を原価の2倍程度(原価200円なら400円)でも構いませんが、それだとかなりの個数を売ってもまとまった利益にはなりません。手間ばかりかかることになるわけです。
    本気でハンドメイドで生計を立てたい、稼ぎたいという人は販売価格を大幅に上げることを考えましょう。売れっ子ハンドメイド作家の作品は決して安くはないですよね。むしろ高くても売れるようなクオリティを目指さないとハンドメイドで生計を立てることはできないと思っておいた方が良いです。

    著者:

    資格があれば強い!ハンドメイド作家として成功したいなら資格取得がおすすめ

    どんなことでも無資格より有資格者の方が安心できるように、ハンドメイド作家にとっても便利な資格はいくつかあります。クリエイターとして成功したい人におすすめの、短期間で簡単に資格取得できる人気講座を2つご紹介しましょう!

    雑貨ハンドメイド講座

    「ハンドメイド作家になりたいけど何を作れば良いか迷っている」「一つのジャンルにこだわらず様々なものを創りたい」という人におすすめの講座。

    • アクセサリー
    • レザークラフト
    • バッグ
    • 編み物

    など基本のハンドメイドを網羅している講座なので一通りの知識と技術を身に付けることができます。修了後は「ハンドメイド・クリエイター」の資格を取得できるので、プロフィールにも記載できて作家としても箔がつきます。2ヶ月という短期間且つ在宅で取得できるので育児中のママにもおすすめです。

    レジンクラフトデザイン認定講師資格取得講座

    人気のレジンアクセサリーなどレジンクラフト全般に挑戦したいという人におすすめの講座。初心者が一から学ぶことができて、レジンクラフトに必要なものが全て揃います。何から揃えたら良いかわからなくても安心です。
    講座修了後には認定講師の資格を取得できるので、自宅でスクールを開くのもOK!作品をフリマサイトなどで出品する際も自信になりますよ。

    豊富な資格があるハンドメイドの世界

    上記で紹介した2つだけではなく、ハーバリウム、ブリザーブドフラワー、デコパージュ、折り紙などハンドメイドにおいて便利な資格は他にもたくさんあります。買い手も、素人より有資格者が作った作品の方が安心して購入できるのは間違いありません。ハンドメイド作家として成功したいなら一度資格取得を検討してみましょう!

    著者:

    絶対ダメ!ハンドメイド販売を始める前に必ず知っておきたい2つの注意点

    フリマサイトなどでハンドメイド品を検索すると有名キャラクターの生地を使ったアイテムもたまに見かけますよね。「これって大丈夫なのかな?」と思った人も多いのではないでしょうか。ハンドメイドを始めるならしっかりとNGラインを知っておくことが大切です!

    デザインの「マネっこ」はNG

    何を作れば良いのかわからず、SNSやブログなどで他の人の作品を検索していたら「あ!これ可愛い!私も作りたい」となることがあると思います。
    もちろん、自分で作って自分で使用するだけなら構わないのですが、他の作家さんのデザインをマネっこしたものを販売するのはNG。最悪の場合訴えられる可能性もありますので十分に注意しましょう。
    他の作家さんのマネだけでなく、本や雑誌などのレシピを見て作ったものやキットを使ったものも同じくNG。ハンドメイドはオリジナル作品でなければなりません。

    商用不可の材料に注意

    材料にも使って良いものとそう出ないものがあります。人気のマリメッコや、ディズニーやサンリオの生地を使ったハンドメイド品もフリマサイトなどでたまに見かけますが、基本的にこれらの有名キャラクターがプリントされた生地は商用利用不可です。
    もちろんサンリオやディズニー側に許可を取った上で利用しているのであればOKですが、個人レベルでそれはほぼ無理。つまり、許可を得ていない人が販売している場合は法に触れる恐れがあり、指摘されればアウトだと思ってください。
    キャラものに限らず自社のブランドを守るために商用利用不可にしている生地は他にも多数ありますので、知らずに大量購入した後に使えないなんてことになるとショックは計り知れません。お店やネットで購入する際には必ず確認しておきましょう。

    自分のアイデアと手先で勝負しよう

    ハンドメイドの世界は簡単なようで難しい世界。アイデアやオリジナリティに加えて手先の器用さが必要になります。アイデアが思い浮かばないときに他の人の作品やアイデアを見るのは悪いことではありません。ただ、そこからヒントを得て「自分で一から創る」ということを忘れないようにしましょう。