ハワイでWiFiレンタルを使用する時にどういうことに注意すればいいのか?

著者:

ハワイでWiFiレンタルを使用する時にどういうことに注意すればいいのか?

日本人が海外に行く時によく検討される渡航先として挙げられるのがハワイではないでしょうか。
ハワイであれば日本人がよくいますのでそんなに海外に来たという雰囲気が無いかもしれませんが、それでも日本ではありませんので、ネットをするのであればレンタルする海外専用のWiFiルーターを使うべきでしょう。

無料スポットもあるが、借りてきたルーターを使ったほうがいい

ハワイであれば、空港やホテル、マクドナルド、スターバックスコーヒー、各種ショッピングセンターなどで無料スポットがありますので、わざわざ借りなくてもいいという風に思いがちです。
しかし、そういうところから離れた時には無料スポットを使ってネット接続をすることができないと言ってもいいです。

ハワイで安定してネット接続をしてインターネットを楽しみたいのであれば、ルーターを借り手から使ったほうが十分にハワイを満喫することができるでしょう。

電源変換プラグは一切必要ない

海外に行ったときにはコンセントの形が異なりますので、そのまま充電器を持って行ったとしても使用することができません。
しかし、ハワイの場合は日本とコンセントの形が同一ですので、オプションなどである電源変換プラグは一切必要ないと言ってもいいです。

ホノルルでは歩きスマホが禁止

ホノルルを歩くときには歩きスマホに十分気を付けましょう。
2017年10月25日から条例の適用対象になり、特に歩きスマホで道路を横断したところを警察官に見られた場合は、日本人に対しても罰則があります。
そのため、ホノルルにおいて歩きスマホはなるべくしないように心掛ける必要があります。

通信容量と料金を考えて選ぼう

ルーターを借りる時に考えなければいけないことは通信容量と料金のバランスではないでしょうか。
ハワイで使うことができる業者はたくさんありますので、自分たちのニーズに合わせた形で申し込むことをおすすめします。
一般的には通信容量が大きい場合には料金が高くなりますのでそこのところは注意したいところです。

容量を使う動画閲覧やSNS使用などを頻繁にするのであれば、通信容量が大きいプランのほうがいいですが、単なる情報収集だけでそれほど通信容量が大きくないのであれば、わざわざ高いプランを選ぶ必要はありません。

著者について

administrator