海外WiFiレンタルを使用する時に3Gと4Gのどちらがいいのか?

著者:

海外WiFiレンタルを使用する時に3Gと4Gのどちらがいいのか?

海外で使うレンタルWiFiルーターですが、皆さんは通信回線のことを気にしたことがあるでしょう。
特に3Gにするか4Gにするかというのは通信容量や料金にも跳ね返っていきますので、どうしても気にせざるを得ないところがあります。
今回は3Gを選んだほうがいいのか、もしくは4Gを選んだほうがいいのかというアドバイスをさせていただきます。

通信速度は4Gのほうが速い

3Gと4Gの大きな違いというのは、通信回線の太さの違いに該当します。
通信回線が太いとそれだけ大量のトラフィックをさばけますので、通信速度が速いという関係になります。
具体的に3Gの場合下り14.4Mbps・上り5.76Mbpsで、4Gの場合下り150Mbps・上り50Mbpsというように大きく違うことが分かります。
最大通信速度はこの通りですが、実際にこの速度が出るわけではありません。
実測値はもっと遅くなりますが、4Gのほうが通信速度が速いのは間違いありません。

情報収集をするくらいなら3Gで十分

3Gがいいのか4Gがいいのかというのは使う目的に応じて決める必要があります。
メールやライン、ページ閲覧、地図の閲覧ぐらいであれば、3Gの回線でも十分です。
4Gのほうがもっと速度が速いですが、それほどの速さを求めなければ3Gでも行けます。
情報収集に使う程度であれば、全然3Gでも構いません。
3G回線を使うのであれば、安くて容量が少ないプランがふさわしいです。

動画やSNSを活用するなら4Gがいい

テキスト情報のやり取りをするくらいであればわざわざ4Gを用意しなくても全然構いませんが、動画の閲覧やSNSをするのであれば3Gでは全然足りないでしょう。
こういうことを目的にするのであれば4Gを選ぶのが何よりもふさわしいです。
マルチメディアを積極的に活用したり、容量を使うことを積極的に行うのであれば、4Gでかつ大容量のプランを選んでください。

わざわざ4Gという回線を使うのに、容量が少ないものを選ぶとあまり意味がありません。
容量の面から言うと少なくとも500MBのプラン以上は選んでもらいたいところです。
どのくらい使うのかに応じてもっと容量が大きいプランにするのも全然構わないです。

著者について

administrator