WiFiを利用するための設定の仕方

著者:

WiFiを利用するための設定の仕方

海外に行くためにレンタルに申し込むとルーターが届くわけですが、ルーターに関しては電源を付けるだけで利用することができます。
しかし、スマホやパソコンなどの端末側の設定が必要になります。
端末側がこのルーターに対して接続をしに行くための設定をするだけで、ネット接続が可能です。
ここではルーターを使ってネット接続するための設定方法について解説いたします。

スタートガイドをよく読もう

ルーターが届いたらそのまま使い始めるのもいいですが、付属しているスタートガイドと呼ばれる説明書をよく読んだほうがいいです。
スタートガイドにはおそらくルーター自体の使い方だけでなく、各端末の設定の仕方までもきちんと載っています。
利用者のほうで自分たちは何をやらないといけないのかということを確認してください。

業者は基本的にルーターを貸してあげることしかできませんので、あとは自分たちで端末の設定を行うことによってネット接続をしてください。
ネット接続ができないのであれば、業者のほうに連絡をしてやり方を教えてもらうことはできますが、やるのは自分たちだということを把握しましょう。

SSIDとパスワードを把握する

ルーターに接続する時にはどうしてもSSIDと呼ばれるネットワーク名とパスワードが必要になります。
ルーターの裏面にSSIDとパスワードが記載してありますので、それを絶対に確認しておいてください。
もしSSIDとパスワードが確認できないならば、業者のほうに問い合わせるべきです。
SSIDとパスワードが無ければネット接続をすることができません。

ネットワークの設定を行う

端末側でネットワークの設定を行うことによって、ルーターを介したネット接続ができるようになります。
iPhoneやAndroidのスマホやタブレットであっても、パソコンであっても、基本的にはネットワークの設定によって、WiFiを使えるようにすればいいだけです。

ルーターの電源をONにした状態で、端末側でネットワークの設定をすれば、自然とSSIDが表示されるのではないでしょうか。
SSIDが表示されているのであれば、それをタップしたりすることにより、パスワードを聞いてきますので、ルーターにあるパスワードを入力するだけでOKです。
それだけでルーターを介してネットに接続することが可能です。

著者について

administrator